経営者や中間管理職必見!!社員を監視する事による生産性向上

楽をする社員の管理のために

経営者にとっては会社の利益を向上させる事が大切な事の一つであり、働く社員達の生活を守る義務もあると言えます。しかし、一部の社員の仕事への不誠実な行いが会社の生産性を落としてしまう可能性もあり、このような社員が楽しないための対策が必要です。経営者として給与を支払っている以上、給与分の働きはしてもらう必要があり、会社にいる間にはそれなりの監視をしてでも働いてもらえるようにする必要があるかもしれません。

共有システムなどの活用

報告や連絡、相談は昔から仕事において大切な事ですが、立ち回りの上手な社員においてはこれらを上手にこなし、働いていないのにも関わらず誤魔化す事もないとは言えません。それらを回避するために全ての会社内のパソコン共有システムなどを導入すると、それぞれの一日の行動や仕事の進捗状況を把握できる可能性があるでしょう。これは仕事の効率化にもつながるものであり、良い方法の一つと言えますので導入を検討してみると良いです。

スマートフォンなどの活用による位置情報把握

営業職などが会社に存在する場合には、営業一人一人の行動を把握できる環境を整える事も大切です。営業においては外出先の行動を把握しづらく、仕事をしなくても分からない状況を生み出しやすいため、生産性を落とす社員が生まれやすいかもしれません。このような社員においてはスマートフォンなどの位置情報サービスを利用して、現在どこにいるのかを常に把握する事で仕事をしない状況を監視する事ができます。これにより、強制的に働かせる事も可能かもしれません。

ワークフローとは、情報が各業務プロセスに円滑に受け渡しされることを目的として業務手順やその一連の流れを図式化したものです。