フォークリフトは現場で必要です

リフトを使う時のタイミングです

フォークリフトを使う時は、必ずシ−トベルトをしないと乗車することが出来ないようになっています。すべてバッテリ−式になっているので運転をするのも安心出来ますが、コマツとトヨタでは運転するレバ−の位置が違うので一つ間違えてしまうと大変なことになります。ツメに色を塗らないとパレットに深く差してしまうので注意が必要になりますが、雨の日の運転は特に注意が必要になりタイヤが濡れてしまうので倉庫内に水が入ってしまう恐れがあります。

フォークリフトで現場の作業をします

現場によって仕事内容が違いがありますが、倉庫内で出荷作業を行う場合は幅が狭いので製品に注意をしながら動かす必要がありますし、棚が三列並んでいる時は取り入りをする時は、製品に注意してタイミングよく作業をする必要があります。リフトを降りて作業する時は、サイドブレ−キをオフにして鍵を完全に切ってから積み替え作業を行いますが製品のほうが重たい場合があるので注意をしながら効率よく作業をして出荷をするようにします。

トラックの積み込み作業です

出荷の際は大口の商品がバンドで固定をしてからリフトを使ってトラックに積み込んでいきますが、慎重に行う必要があります。トラックによっては三列に並ぶようになっていますが商品によっては段積みをする必要がありますが、二つの製品の位置をタイミングよく合わせて置かないと荷崩れの恐れがあるので注意が必要になっています。トラックの幅によって上限が3個までなっているので全体でも30個までは入れることが可能になっています。

フォークリフト免許は物流会社や工場勤務をする場合は頻繁に運転するので、所有している場合は就職に有利になります。