注意して使っていれば便利!?出勤退勤の管理用のタイムレコーダー

タイムレコーダーは便利

企業で勤怠管理のためにタイムレコーダーを導入しているところは多いです。毎朝出勤したらタイムレコーダーに自分の勤務表を入れて時刻を打刻します。帰りも同様に打刻します。それだけで勤務時間や残業時間を別途報告する必要はないのです。ただ残業においてはその理由や申請書を別途提出する必要があります。しかし企業に勤務する社員としては朝や帰宅時に同じような簡単な操作だけで、知らず知らずに勤務管理されているので楽です。

便利なタイムレコーダーも修正があると面倒

しかしタイムレコーダーも機械なので故障することもあります。その場合には手書きで時刻を記入して上司に提出する必要があります。帰り時間までに修理されていなければ、同様に手書きで帰宅時刻を記入して上司に提出するために面倒です。またタイムレコーダーには出勤時間の打刻と退勤時刻の打刻のスイッチがあるために、それぞれの場面でスイッチがそのようになっているかを確認する必要があります。しかし出勤時間には、当然出勤時間用にスイッチが入っていると考えます。

確認してから使用すべし

ところが退勤時に良くあるのが、退勤で最初に帰宅する際にタイムレコーダーを打刻したときに出勤時間の部分に打刻されている、つまりスイッチが出勤用のままの状態であることも良くあるケースです。その場合には手書きで時刻を修正する必要があり、更に面倒になります。また月中でタイムカード用の出勤簿を裏の部分にしたりするのですが、それを忘れて打刻して時刻が重複して印字されることもあり、その場合にも手書きで修正する必要があります。

従来のタイムレコーダーは、紙を使用したものがほとんどでしたが、近年はICチップを使用したタイプが増えています。ICチップは偽造が難しく、扱いも容易なことがその理由です。